FC2ブログ

店長のお気楽BIKEブログ(不定期)

ツーリングとか、お店のこととか、ね。

当店の中古車再生の様子

当店の中古車について

当店では、こだわりを持って修理・再生した中古車を販売する様心がけています。
劣化したすべてのパーツを交換する訳ではありませんが、車種ごとに加修するべき
ポイントを押さえ、後々不具合が起きにくい様、丁寧に再生しているつもりです。

下記は当店で通常行っている中古車再生の様子の一部(主にエンジン周り)です。
中古車選びの参考になればと思います。

DSC03185.jpg DSC03190.jpg DSC03191.jpg
DSC03192.jpg DSC03193.jpg

外装の取り外し、シリンダヘッドを分解している様子。ピストンヘッド、バルブ、シリンダヘッド内に堆積している黒い汚れ(カーボン堆積物、デポジット)に注目してください。
この車両、まだ走行3000Km以内です。使用環境、使用方法にもよりますが、わずか3000Kmでもエンジン内がこの様に汚れ、これがエンジン不調の原因となる場合が多いです。
(この様なカーボン発生、堆積を抑える方法もいくつかあります、それはまた別途)

DSC03197.jpg DSC03198.jpg DSC03202.jpg
DSC03205.jpg DSC03204.jpg DSC03203.jpg

クリーナー、リムーバー等によるカーボン除去、バルブシートカット、バルブ研磨などを行い、キレイになったエンジンパーツ。この車種に限らず、ここ数年の原付スクーターでは
特にここが重要。

DSC03195.jpg DSC03194.jpg

ついでにリューターで吸排気ポートを掃除。
この後、ピストンリング、ガスケット類を交換し、バルブクリアランスを調整して組み上げます。キャブレター車の場合、キャブレター分解・点検・清掃してから組み上げます。

DSC03196.jpg

この他、詳しい説明は省きますが、バッテリ、タイヤ、エアクリーナエレメント交換はもちろん、駆動系ではVベルト、ウエイトローラー、スライドピース、クラッチシューの交換、ドリブンフェイスの分解・グリスアップ・オイルシール交換、点火系ではプラグキャップ、プラグ交換、ケーブル類(スロットル、ブレーキ、メーター等)の注油または交換、スイッチ類の接点掃除、等々。

スポンサーサイト



  1. 2019/04/20(土) 14:07:36|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

payapon

Author:payapon
岡山産の♂
BIKE COLORS ハシモトの店長です。

最近の店長

最近のコメント

カテゴリー別ブログ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別ブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS